読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダウンスイングで右脇が開いてしまわないようにする(アーリーリリースの原因と対策)

あなたはダウンスイングで右脇が開いてしまっていませんか?これはアーリーリリースの原因として多いです。

>>プロから正しいフォームを学んでください(動画)

 

「脇を締める」というのは「肘を体にくっつける」のではなく「肘を内側に向ける」のだと意識すると良いです。

アドレス時では肘が自分の体を向くように内側に捻り、この状態でテークバックを行います。この時肘が地面を向いていれば、脇はしっかりと閉まっておりスイングプレーンにも乗せやすくなるはずです。

ダウンスイングでも肘が地面を向くように維持してスイングすれば手首のコックも維持できます。つまりアーリーリリースにならないのです。

>>プロの動きと詳細な解説